仕事中の歯医者

歯医者の今

医療機器

コンビニよりも多いと言われるほど、歯医者は私達の身の回りのいたる所で見る事ができます。信頼出来る歯科医師に出会う事は、口内環境の健康を保つ上で必要な事です。しっかりと吟味して選ぶ必要があります。

Read more

変化する歯科

医療機器

最新の歯科治療の中にはセイルライゲーションシステムと呼ばれるものなどがあり、治療方法は日々進化しています。矯正歯科などでも、最近は審美性に優れた矯正器具を使うなど、歯科のスタイルは変化しています。

Read more

インプラントとは

医者

インプラントはここ20年ほどで急速に広まってきた治療法の一種です。手術を友の合う為、その治療について、どのような流れで行うのかなど、しっかりと説明してくれるクリニックを選ぶのが良いと言えます。

Read more

美しい歯へ

治療室

歯というのは噛み砕くという役割の他、見た目により人の印象を左右する大きな要素です。その為。審美歯科などの歯の見た目を治療する為の歯科も増えてきています。ホワイトニングなどの審美歯科治療について。

Read more

治療費について

歯ブラシ

大阪で歯科を探すなら大量に情報が手に入るこちらの口コミを利用しましょう。様々なことを調べることができます。

矯正歯科に梅田で通うなら、治療実績を豊富に持つドクターの元へ。一人一人の患者に最適な矯正プランを組み立ててくれますよ。

歯医者さんの治療は、保険診療と自費診療の2種類があります。保険診療は健康保険証を使って3割負担で治療が受けられます。初診の際の治療費は、2500円から4000円程度になります。歯列矯正やインプラント治療などは、自費診療の診療科目になります。そのため、歯列矯正やインプラント治療は全額自己負担になります。自費診療の料金は、治療の内容によって異なります。歯列矯正の治療費は、70万円から100万円程度になります。審美性を考慮した矯正治療を受けるためには、120万円程度の料金が必要になります。インプラントの治療費は、1本あたり30万円から45万円程度になります。複数の歯をインプラント治療する場合は、100万円以上の治療費がかかることがあります。

歯医者さんで行われている自費診療の診療科目のうち、歯列矯正の治療が行われるようになったのは、20世紀の初めの1900年頃です。アメリカの歯科大学の教員をしていた歯科医師が、矯正装置を使った歯列矯正の治療法を考案しました。日本で歯の矯正治療が本格的に行われるようになったのは、1960年代頃からです。1980年代になると、矯正治療を専門に行う矯正歯科の医院が増加し、近くの歯科医院で手軽に歯の矯正治療が受けられるようになりました。日本でインプラント治療が本格的に行われるようになったのは、1990年代の後半頃からです。それ以前からもインプラント治療は行われていましたが、一部の大学病院などに限られていました。2000年代になるとインプラント治療の安全性が大きく向上し、インプラント治療を行う歯医者さんが増加しました。

注目の記事

オススメリンク