変化する歯科

医療機器

最新の矯正歯科治療の中には、「セルフライゲーションシステム」というものがあります。一般的な治療法として「デーモンシステム」などがそれに当たりますが、この治療法には従来の矯正装置にはないメリットがあるのです。 セルフライゲーションシステムは、ローフォース・ローフリクションと呼ばれる理論に基づいて構成されています。従来の矯正器具は矯正力を強くした方が完治までの期間が短くなると考えられていました。しかし、セルフライゲーションシステムはゆるやかな力で素早く歯を動かすことに成功しています。これが、ローフォース・ローフリクションの大筋となります。 このようなことから、今後は矯正歯科治療の根本的な考えた方自体が変わり、治療方法も進化していくものと思われます。

矯正歯科治療は装置選びが非常に重要です。矯正歯科治療は毎日装着し続けることが大前提の治療法ですから、自分の生活に合った適切なものを選ぶ必要があると考えています。 矯正装置の中には、審美性に優れたものが多数あります。例えば、ブラケット部分をセラミックという材質に変更し、周囲から見えにくくするものがあります。また、「インビザライン」と呼ばれる矯正用マウスピースは、本体自体が薄くて透明なことから最も審美性が優れている器具であると言われています。 通常タイプの矯正器具と比べますと審美性が優れているものは金額が高くなりがちですが、毎日装着するものですから金額だけで妥協してしまうのは勿体ないと思います。目先の欲にとらわれず、治療期間中のことも考え適切な器具を選びたいところですね。