美しい歯へ

治療室

歯は、物を噛み砕く役割を担っていますが、同時に人の印象を左右する役割も担っています。どちらの役割の方が重要かと言えば、物を噛み砕く役割です。ただ、人の印象を左右する役割も、決して疎かにしてはならない役割です。 外見はコンプレックスの要因となりますが、歯も外見の一部ですからコンプレックスとなります。ただ、歯は口を開かなければ、人目に触れずに済みます。口を開かないことで、歯のコンプレックスに対応している人もいることでしょう。 しかし、口を開けないことは、精神的に良いことではないのです。常に口元に強い意識を持ち、大きく口を開けて笑いたくても笑えないことは多大なストレスとなります。従って、コンプレックスが助長されてしまうのです。 ですから、歯の見た目にコンプレックスを感じているのならば、隠すのではなく、すぐにでも改善しなければならないのです。ただ近年は、歯の見た目の重要性を多くの人が認識するようになったと言えるでしょう。ですから、多くの人が歯の見た目の改善に積極的に取り組んでいます。

歯医者は、口内全般の治療を行っています。ですから、歯の見た目の治療も歯医者では行っています。歯医者によっては審美歯科という診療科目を設けているところがありますが、審美歯科が歯の見た目に関する治療を行うところです。そして現在、審美歯科を設けている歯医者は、増加傾向にあります。ですから、歯の見た目を改善することは、容易にできることなのです。 審美歯科の代表的な治療法として挙げられるのが、ホワイトニングです。ホワイトニングは、歯を白くする治療です。白い歯は、その人の印象を良くしますが、自分で歯を白くすることは非常に困難です。ですから、歯医者のホワイトニング治療は、とても価値ある治療なのです。 歯を白くする治療というと、歯を削ると想像してしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはないのです。一般的には薬剤を使用して、歯を白くします。ですから、ホワイトニングをしたからといって、歯の健康が損なわれることはないのです。